コピー機はリース契約で導入する会社が多いのです

オフィスで利用するコピー機は新品の場合であれば購入するか、リース契約を利用して導入するかと言った選択肢が有ります。



また、リースの審査に通らない場合など、コピー機を購入する形で導入する会社も有りますが、この場合は新品か中古と言う選択肢が挙げられます。



リースは会社との契約により、コピー機を借りた状態で導入をすると言う、いわゆるレンタルと似ている部分も有ります。



しかし、レンタルとの大きな違いと言うのは、契約期間が定められること、そして契約満了となった時は廃却をするか、買い上げるかと言う選択肢が有ることなのです。



また、契約満了後に廃却をして新製品を導入する事も出来るため、レンタルのように一時的に導入するのではなく、長期的に導入をする場合に便利な選択肢なのです。



尚、コピー機を導入する会社の大半はリース契約を行って導入をしていると言われており、高額なOA機器もこのような方法であれば低コストで導入が出来ると言う事なのです。



因みに、一般的にオフィスなどで利用するコピーと言うのはAサイズであればA4サイズやA3サイズが主流となりますし、BサイズであればB4サイズやB5サイズが主流となります。



中には特殊なサイズでもあるレターサイズやA3ノビと言ったサイズを利用するオフィスも有りますが、基本的にコピー機はコピー用紙を入れておくカセットで用紙のサイズを決める事が出来るため、専用の機械が必要になるわけではありません。



関連リンク

  • オフィスなどでコピー機を利用する場合、その選択肢の一つとなるのがリースです。最近ではわざわざ自社で高額な機器を購入するよりも、別の業者から借り入れる形で利用をしたいという企業が非常に増えても来ています。...

  • コピー機のリースは、購入するよりも導入費用を大幅に抑えられることから、多くの企業で利用されているサービスです。現在は、各種の必要な機能を備えた製品を手軽にリースできるようになってきており、それぞれの企業のコピー機の利用方法によって最適な機種をリースすることができるようになっています。...