コピー機はリースで利用するべきなのか

オフィスなどでコピー機を利用する場合、その選択肢の一つとなるのがリースです。



最近ではわざわざ自社で高額な機器を購入するよりも、別の業者から借り入れる形で利用をしたいという企業が非常に増えても来ています。



ではコピー機はリースで使うべきなのかというと、これはやはりメリットとデメリットを考えて判断する必要があります。



まずメリットとして注目したいのは、やはりコピー機の調達にかかるコストを毎月の支出という形で支払っていくことが出来るという点でしょう。



オフィス用のものともなれば数十万円することも珍しくありませんから、そうした費用を分散しつつ支払えることは非常に大きなメリットです。



ではそれに対してデメリットは何かというと、ここで大きな物となるのは、所有権が自社に移るわけではないというところです。



リースはあくまでも業者からコピー機を借りて利用するものでしかありませんから、何ヶ月費用を支払おうとも、それが自社のものになることはありません。

ほとんどのリースでは5年ないし6年を契約期間として設定することになりますが、契約期間が満了すれば機械は業者に回収されることになります。



業者によっては利用者が残債を支払うことで買い取ることもできるのですが、そうした利用をするのであれば最初から購入をした方が良いでしょう。



この「自社のものにならない」ということはリース契約の中で不満に感じる人が少なくない点でもあります。コピー機をどのように自社に導入するかはそれぞれのメリット、デメリットを把握して適切に判断するようにしなくてはならないのです。

関連リンク

  • オフィスなどでコピー機を利用する場合、その選択肢の一つとなるのがリースです。最近ではわざわざ自社で高額な機器を購入するよりも、別の業者から借り入れる形で利用をしたいという企業が非常に増えても来ています。...

  • 営業所や支店を持つ会社の中にはコピー機をリースで調達しているところが数多くあります。必要な台数分を一括で購入する場合は多額の費用が必要となりますが、賃貸の形にすることで一括購入の場合と比較すると1回あたりの支払い金額を抑えることができ、会社の他の事業に投資しやすくなるからです。...