コピー機のリース料はいくらくらいが相場になるのか - コピー機はリース契約で導入する会社が多いのです

コピー機のリース料はいくらくらいが相場になるのか

営業所や支店を持つ会社の中にはコピー機をリースで調達しているところが数多くあります。


必要な台数分を一括で購入する場合は多額の費用が必要となりますが、賃貸の形にすることで一括購入の場合と比較すると1回あたりの支払い金額を抑えることができ、会社の他の事業に投資しやすくなるからです。



では、コピー機をリースする場合の料金はいったいいくらが相場なのでしょうか。



コピー機のリース料金を考える際には、毎月の賃貸料金や機器設置料金だけでなく、カウンター料金と呼ばれる仕組みについても考慮しなければなりません。
これは、印刷をした枚数に応じて請求される料金で、用紙1枚あたりの料金として設定されています。



徴収した料金は、メンテナンス費用や消耗品代などの機器の保守費用にあてられています。



コピー機のリース料の相場は、毎月の賃貸料金については中古の製品だと7千円程度で借りられますが、最新機種やハイエンド仕様の製品になると2万円を超えるものもあります。



機器設置料金は導入する製品や申し込む業者、機器の運搬距離などによって異なりますが、2万円から5万円の範囲で設定されていることが多いです。

カウンター料金は、モノクロコピーの場合だと1枚あたり5円前後が相場となっていますが、カラーコピーの場合では、2色カラーでは1枚あたり10円前後、フルカラーになると1枚あたり20円から30円程度が相場となります。



カウンター料金は1枚あたりの値段に着目すると安く感じられますが、文書を用紙に大量に印刷すればするほどコストがかさみます。



そのため、印刷して残す必要性が低い文書についてはファイルとして社員間で共有できるようにするなどの工夫が必要となります。



関連リンク

  • コピー機のリースは、購入するよりも導入費用を大幅に抑えられることから、多くの企業で利用されているサービスです。現在は、各種の必要な機能を備えた製品を手軽にリースできるようになってきており、それぞれの企業のコピー機の利用方法によって最適な機種をリースすることができるようになっています。...

  • コピー機のリースは月々の支出をある程度コントロールできるようになるというメリットがあります。一度に大きな支払いをすることになるよりは月々の支出に切り替えて、計画的に支払っていきたいと考えることは企業経営において有効な判断であるとも言えます。...