工場作業における期間工の求人

ひと口に工場の求人と言っても様々な職種が工場には存在します。

原材料の受け入れから生産工程、梱包して出荷作業まですべてが仕事になります。この中で期間工が従事する事が多いのは生産工程と出荷作業です。

工場作業は繁忙期と閑散期がはっきりとしている為、一番負担のかかる生産工程に従事する事になるのです。

少数の人は、原材料の受け入れ担当になります。
此処での仕事は納品される原材料の検品になり品名と数量が伝票と合っているかを照合して納品された物の状態を確認します。



異常がなければ受け入れとなり受け入れた原材料は各保管場所まで搬入して先入れ先出しを行う訳ですが、繁忙期と言えども大人数は必要としない為此処に配属される人は少ないでしょう。期間工の求人が最も多いのが生産工程に従事する人です。

生産工程は工場によって多様で期間工の求人が多いのはライン作業で一人のする仕事は決められていて、マニアルに沿って流れ作業を進めて行きます。

又、工場によっては数人がチームとなって複数の仕事をこなす仕事もあり、この場合は個人が同じ仕事をするとは限らず、その時によって自分の仕事は変化します。今、何をするのかを判断する必要が有りそのスキルを身につける必要も有りますので、この様な仕事は期間工には向いてないと言えます。



次に期間工の求人が多いのが出荷作業です。



此処での作業は製品によって企画の異なる箱に製品名、数量、Lot、を記載したラベルを貼り付け梱包を行います。
分業制になることもあり求人も多いです。